OVO NOVO 佐渡ではじけました!~二日目レポート

歓迎! やっちゃんまこちゃん~~~~~しんちゃん先生登場

今回OVO NOVOが佐渡へ行くに当たり、宿泊施設や布団から資金面やフリンジ(発表の場)、その他あらゆる点で手を尽くしてくださった鼓動財団の山口康子さん(やっちゃん)が、この日の朝、弟さんのまことさんと合宿所を訪ねてきてくれました。

おふたりに感謝のしるしとして、OVO NOVOからオリジナルグッズをプレゼント。とっても喜んでいただけ…たかな? やっちゃん、まこちゃん、本当にありがとうございました。

ちなみにこの日の朝ごはんは、パンとウインナー、タマゴとたっぷりのサラダ。みんなで食べるとホントにおいしいね!

朝食の後は太鼓体験交流館へ。ただ見学だけの予定だったにもかかわらず、館のしんちゃん先生のご厚意で実際にいろんな太鼓を叩くことができました。「なんだこりゃ!」と叫びたくなるほどの大きな太鼓から、「あ、これ見たことある」となじみのある太鼓まで、約20張がズラリ! 大人も子どもも夢中で叩きまくり。いい経験をさせていただきました。

 

 

 

たらい舟~~~~~町並み散策 

太鼓体験のあとはたらい舟体験! 矢島・経島というところへ行き、たらい舟に乗りました。これは佐渡に住んでいたおみつさんという女性が、新潟にいる吾作どんに会いたくて会いたくて、ついにたらいに乗って漕ぎ出でた、というのが始まりだとか。いやあ、女性はいつの時代も情熱的だねえ。緑に透き通る海の中にはイカの子どもやベラなどが探さなくても見えて、子どもたちも大興奮! 櫂を持たせてもらい、実際に漕いでみたメンバーたちは「なかなか上手だよ」と高評価を受けていました。そりゃあやっぱりリズム感がありますもの。うふふ。

たらい舟で佐渡の海を堪能した後は、何百年も前の石畳や橋がいまだ現役で使われている宿根木集落を散策。ここでは地元の中学生がボランティアでガイドをしてくれています。素晴らしい取り組み、素晴らしい子どもたちと、ママずは感動しっぱなしでした。

その後フリンジの会場を下見し、合宿所に戻ってひたすら練習。本番はいよいよ明日です!

OVO NOVO 佐渡ではじけました!~二日目レポート” への1件のコメント

  1. どうやら、私はすごく緊張していたみたいです。

    でも、深浦小学校に入っていった時、
    皆さんがこの場所を気に入ってくださっているような気がして、
    ちょっとほっとして…、うれしく思いました。

    プレゼントをいただいた時は、なんだか気持ちがふわふわしてしまって、
    ちゃんと御礼が言えてませんでしたね。ごめんなさい。
    本当にうれしかったんですよー。

    OVO NOVOのみなさん、佐渡まで来てくれて、本当にありがとうございました。

    これから先も、ずっとずっと色んな形でつながっていきたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします〜

    やすこ