OVO NOVO 佐渡ではじけました! 三日目レポート

掃除・片づけ~~~~~亮さん到着!

いよいよ本番の朝です! この日は朝食の後、お世話になった深浦小学校をきれいに掃除し、帰りの準備。本番を終えたらすぐに帰りのフェリーに乗らなければいけないのです。ほんの2泊3日の滞在とはいえ、なんだか愛着がわき、さみしい気も…。

「一通り準備が終わった人は亮さんが到着するまでの間、体を休めてね~。本番に備えてね~」というペコちゃんの指示に従い、子どもたちもおとなしく…できるわけもなく、何度かパパずママずに叱られておりました(笑) そんな中、秘かにこんなこともしちゃったりして。

そう、ボディペイントです。ちいちゃくて地味だったけど、気分を盛り上げる一役はかえたかな?

 

 

そうこうしているうちに、亮さんのりさん登場! 前日の仕事の後、夜中のフェリーで来てくれた亮さんを、メンバーはアーチを作ってお出迎え。

 

練習~~~~~本番

腰を下ろすことなく亮さんはリハーサルに入ってくれました。疲れていただろうに笑顔を欠かしません。亮さんのりさんに会えるだけでメンバーは幸せになれるんだよねえ。

時間がないためざっくりと流す程度の練習でしたが、亮さんとメンバーの息はぴったり。「みんな、バッチリだよ!」という言葉で、自信も生まれてきます。本番もイケるね、はっはっは。

しかしメンバーにはひとつの懸念が…。最年少スルドプレイヤーのまさやがまさかの発熱39度越え! 大丈夫か? いけるのか、まさや!?

 

 

 

 

 

本番~~~~~またね、佐渡ヶ島

まさやは結局救急車で病院へ。おかあさんも付き添っていったため、本番には最年少メンバーあっちゃんがひとりで頑張ることになりました。並びの変更とかもあるけれど、そこは結束力のOVO NOVO、お兄さんお姉さんがしっかりあっちゃんをフォローしておりました。

本番。ステージ前の芝生にはお客さんがまばらに座っています。暑いし、まだまだ無名の私たちだし、そんなのしょうがない。この少ないお客さんを楽しませよう!

ところが…。

亮さんが音を出し始めると、人がぞくぞく集まり始め、気が付くと初めの何倍ものお客さんがOVO NOVOのサンバを聴いてくれています。みんな体を揺らし始めました。中には赤ちゃんを抱きながら踊る男の人まで! すごいすごい!

拍手と歓声を背に、OVO NOVOはステージを降りました。良かったのかな? このステージへ誘ってくれた人たちの気持ちに応える演奏はできたのかな? 楽しさと満足感だけではない何かを抱えながら後ろへ回ると…やっちゃんが泣いています。私たちをここまで連れてきてくれたやっちゃんが…。ありがとう。本当にありがとう、やっちゃん。

余韻に浸る間もなく、楽器とともにメンバーは撤収し、遅いお昼をいただきました。

イカ釜飯~

刺身定食~

む~しゃむ~しゃ

しあわせ~

 

 

そしてお別れの時。おいしいお昼をいただき、お土産を買い、OVO NOVO号に乗り込んだメンバーは充実した3日間に感謝しつつ両津港へ…向かおうとしたらみきさん、さんちゃんが道路わきで大きく手を振り見送ってくれました。二日目に合流して、練習の指導してくれたおふたりにも感謝です。ありがとうございました! これからもよろしくお願いします。

フェリー乗り場にはなんと亮さんのりさんが見送りに来てくれてメンバーと涙の別れ。船が出港し、だんだん小さくなって背景と同化するまでお互い手を振っておりました。

 

今回の佐渡ツアーを実現できた、すべてのご尽力と偶然に、ありがとう。

 

コメントは受け付けていません。